洋服の査定金額アップのコツ

売る前に、自分で簡単に掃除する

 

査定前に少しお手入れをするだけで印象が良くなります。

 

特に、黄ばみ(脇ジミ・股ジミ・襟ジミ・袖口ジミ)、体臭・タバコ・香水・防虫剤・カビ・ペットの臭いがある衣類は、買取対象外になる場合がほとんどです。

 

シミ・汚れを落とす

 

汚れている部分に、部分用洗剤を付けて落とす。

 

⇒部分用洗剤の選び方

 

(1)汚れた部分に部分用洗剤を付ける。

 

(2)数分おく

 

(3)洗濯機で普段通りにお洗濯

 

※部分用洗剤の使用方法は各種メーカーによって異なります。必ず使用方法を確認ください。

 

※汚れを落とす前に、衣類の洗濯表示基準をご確認ください。

 

 

簡単に補正可能なほつれ等は補正

 

タグやボタンが取れかけていたり、簡単に補正可能なほつれ等は補正しましょう。

 

 

素材別お手入れ方法

 

スーツ

 

 

ホコリをはたいて落とし、ブラシを丁寧にかけます。落ちない汚れなどはベンジンを含ませた綿棒でおとします。このようなお手入れは晴れた日に風通しのよい場所で行うのがベスト。

 

特徴

 

スーツなどは度々洗えるものではありませんが、意外にほこりを吸い込むので簡単なお手入れをおすすめします

 

 

ウール素材

 

 

ウール素材のお手入れはブラシをまめに行うこと。基本は布目にそって軽く行い、汚れがとれない時は逆にかけてみます。衿や袖口にもきちんとブラッシングでお手入れしましょう。

 

特徴

 

ウールは水に濡れると繊維が収縮して硬くなるので洗濯する際は充分注意しましょう。

 

 

レザーウェア

 

 

汚れが軽いうちに時々、中性洗剤を水で薄め、固く絞った布で10cmぐらいずつふき洗いし、水で絞ったタオルでふいたあと、乾いたタオルでふく。

 

特徴

 

革(皮)は水に弱く、しみや型くずれ、カビの原因になります。乾燥した通気の良いところに保管してください。

 

 

ムートンの洋服

 

 

ファー専用の防水・汚れスプレーをかけて、毛のしなやかなブラシでブラッシング。天然素材のもののほうが、静電気がおこりにくく、羊毛の負担になりません。

 

特徴

 

ムートンの内側は汗に弱く、汚れや臭いの原因になります。通常の防水スプレーを使うと質感が変わってしまうこともあるので注意。

 

 

本体以外の付属品はとっておく

 

純正ハンガー・純正ガーメントケース・取り外し可能なフード・付属ベルト・付属インナー・スペアボタンなど購入時の付属品はできるだけ取っておきましょう。

 

衣類によっては査定価格がアップする場合あり。

 

 

当サイトによくある質問

 

クリーニングに出してから送った方が良いですか?

 

 

 

必要ありません。クリーニングしてから査定しても買取価格は、さほど変わりません

 

 

 

 

縫い付けられている品質表示タグを切り取ってしまったのですが大丈夫ですか?

 

 

 

衣料品は素材の表記が確認ができないと買取できません。一部輸入品や古いお品などを除き、市場に流通している衣料品には品質表示が法律によって決められています。

 

 

 

 

ズバリ、洋服を見る際はどこを見ているのですか?

 

 

 

まずはシーズン表記とデザイン性を確認します。シーズンやデザインは流行により大きく相場が変動するので、買取業者は相場データを元に評価します。コンディションに関しては表面は勿論の事、一度裏返し全体を検品します。裏側の汚れは見落としがちですので、汚れが沈着する前に細目に確認をする事をオススメします。